« 鳥インフルエンザと鶏肉 | トップページ | 「インターネット完全活用編 大学生のためのレポート・論文術」 »

2004/01/23

ボスプレッソ

サントリーのBOSSシリーズの新製品らしい。日本工業新聞(JIJweb)の1/23の記事によると、ボトル缶入りのエスプレッソタイプコーヒーで、製品名がBOSSPRESSO(ボスプレッソ)となるらしい。写真を見ると、何だか試薬瓶のような印象を持つが、これは僕が化学系の出身だからか?  

エスプレッソならぬボスプレッソ?! 人気の缶コーヒー「BOSS」シリーズで初めてエスプレッソタイプの新製品「ボスプレッソ」が2月17日に登場する。サントリー木曽川工場(愛知県犬山市)内に“巨大エスプレッソマシン”ともいえる製造プロセスを導入し、缶コーヒーでありながら、焙煎したての香りとコクを実現した。シリーズで初となるボトル缶も採用するなど、話題を呼びそうだ。
 サントリーは新製品投入に合わせ「ボスプレッソ製法」と呼ぶ新製法を開発した。超微粉砕したコーヒー豆の下部から高温スチームをあて、抽出された香りと抽出液をそれぞれ急速冷却で凍結し、この「香り」と「コーヒー液」をボトル缶につめる仕組みで、「工場内に巨大なエスプレッソマシンを設けたようなもの」(同社担当者)だ。
 新製法により、従来のドリップ製法で抽出時に逃げてしまう焙煎したての香りとコクを再現した。また、ボトル缶の採用は「広口ボトルで香りとコクを感じてほしい」というねらいだ。

それにしても、サントリーのBOSSのブランド戦略はとても遊び心もあって楽しい。実は以前ふとしたことからBOSSの缶コーヒーを調査して初めて気づいたが、現行のBOSSブランドコーヒーは12種あり、それぞれの製品のBOSSおじさんの姿が微妙に異なって笑わせてくれる。「休憩中」ではダーツしてるし、「無糖ブラック」では車運転してる。「赤道ブレンド」のおじさんなんかサングラスしてるしな。詳しくはBOSSホームページで。

*2/2追記 検索エンジンでボスプレッソをキーワードにこのページにたどり着いちゃう方が多いようなので、公式ページにリンクしておきます。サントリーのニュースリリース

*2/18追記 ボスプレッソを買ってみたので、その記事を書きました。2/18のブログ

|

« 鳥インフルエンザと鶏肉 | トップページ | 「インターネット完全活用編 大学生のためのレポート・論文術」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボスプレッソ:

» コーヒーが好き [雑多なブログ]
ボスプレッソDo you think for the future? 最近はまっているのがボスプレッソ。ちょっと高めですが本格的な エスプレッソほどではな... [続きを読む]

受信: 2004/03/03 00:24

« 鳥インフルエンザと鶏肉 | トップページ | 「インターネット完全活用編 大学生のためのレポート・論文術」 »