« ナノコロイド白金入りガム | トップページ | 温度調光ガラス »

2004/10/27

免許証更新と230回目の献血

今日は、運転免許証の更新に行ってきた。横浜市二俣川の神奈川県運転免許試験場にて。最寄の警察署での手続きの場合には、何故か写真が必要で、しかも講習は後日指定日に受ける必要があるが、試験場だと写真は不要だし、即日講習で即日交付、とのことで手間暇を考えて試験場で受けることに。

平日の午前中の混み具合が不明だったが、何とかなるだろうと思い、車で向かった。着いてみると意外と空いていて、しばらく待てば試験場の駐車場にも停められそうな感じだったが、待ち時間の見当がつかないので、すぐ近くの有料(1回700円)の駐車場に停めた。

運転免許の更新手続きは、更新の度に簡素化されているような気がする。自分で記入するのは氏名、性別、生年月日と電話番号だけだった。なんかあっけないくらいにサクサクと進み、講習が始まるまでの待ち時間以外はほとんど並んだり待ったりする必要がなかった。講習終了後は、これまた今まで以上に手際よく新免許証が交付された。

新しい免許証は、一見してとても安っぽい。従来はパウチされていたのに、今度のはパウチ無しで、しかもちょっと厚手の紙製。まるで近所のお店の会員カードみたいだ。ちょっと出し入れするだけでもう表面に傷がついてしまった。こちらによると、本年度から段階的にIC入りに切り替えると書かれているが、透かしてみた限りではこのサンプル写真と同様の透かしマークは入っているが、ICは入っていないようだ。(この透かしのマークは何のマークだろう?)

この運転免許試験場には二俣川献血ルームが併設されていたので、帰り際に寄ってみた。しかし、献血待ちの人が待合室を埋め尽くしており、予想では献血するまでに昼休みを含めて3時間程度かかるだろうとのこと。さすがにここでそれだけ時間をつぶすのも大変そうなので、いつもの相模大野献血ルームに移動して献血をすることに。

前回は、9/24だったので、33日ぶり。10月から献血者には本人確認をお願いしているとのことで、早速更新したばかりの免許証を見せる。一度確認すると次回からは本人確認は不要とのこと。なんだか中途半端な本人確認に思えるのだが。

今回は、久々の血小板成分献血。おみやげに、4/30と同じ白のTシャツをいただいて来た。

|

« ナノコロイド白金入りガム | トップページ | 温度調光ガラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/1788498

この記事へのトラックバック一覧です: 免許証更新と230回目の献血:

« ナノコロイド白金入りガム | トップページ | 温度調光ガラス »