« 風力発電する自動車 | トップページ | 水溶性フラーレンの化粧水 »

2005/03/29

商標に関するトピックス

3/28の日経新聞の19面のスイッチオン・マンデーという欄で商標登録の最近のトピックスが取り上げられていた。3/15 の NIKKEI NET でも取り上げられた、政府、商標法改正案を閣議決定というニュースに関連した商標法改正の解説やその他の関連トピックスが書かれている。この商標法改正は、3/15の記事によると

 商標法改正案は「博多人形」のように地名と商品名を組み合わせた地域ブランドを生産者などの団体が商標登録しやすくし、模倣品が出るのを防ぐ。現在は「西陣織」などの極めて知名度が高く、生産する事業者が特定できるブランドにしか商標を認めていない。
とのこと。スイッチオン・マンデーの解説によると、現在は「博多人形」や「近江牛」などの、地名+商品・サービス名という組み合わせは商標登録が認められていない一方で、「西陣織」「三輪素麺」「宇都宮餃子」「夕張メロン」などは例外として商標登録が認められているのだそうだ。長年の使用で知名度が上がり、個人・団体などの出所が特定できるのが基本条件らしいが、その境界線は極めてあいまいだったようだ。一方、
 今回の法改正は、地域経済の活性化を目指している。全国的な知名度はないが、地域ではよく知られたブランドに大きな機会が与えられる見通し。
とのこと。「豊岡鞄」などが商標登録を狙っていると書かれている。ただし、改正法の運用にも不透明な面があり、複数の団体から同じ名称の登録希望が出てくることも考えられ、争いになる可能性もあるとのこと。今回の商標法改正の詳細は、特許庁の法令改正のお知らせに詳細が掲載されている。

ところで、この記事で面白かったのは、「一般的な名称と思われがちな主な商標」という一覧表。

味の素 (味の素)
アイスノン (白元)
ウォークマン (ソニー)
ウォシュレット (TOTO)
エレクトーン (ヤマハ)
固形肥料 (日本肥糧)
サランラップ (旭化成ライフ&リビング、ダウ・ケミカル)
ジープ (ダイムラークライスラー)
セロテープ (ニチバン)
宅急便 (ヤマト運輸)
タッパー (ダート インダストリーズ インコーポレーティッド)
デジカメ (三洋電機)
バンドエイド (ジョンソン・エンド・ジョンソン)
ファミコン (任天堂)
ポリバケツ (積水化学工業)
マジックインキ (内田洋行)
マジックテープ (クラレ)
万歩計 (山佐時計計器)
ラジコン (増田屋コーポレーション)
がリストアップされている。味の素、ウォークマン、サランラップなどは結構知られていそうだが、デジカメ、万歩計、ラジコンなどは意外だった。しかし、デジカメという用語は、ラジカセ(商標ではない)やエアコン(いわゆる空調設備の名称としては登録されていない)などと同列の日本語特有のカタカナ用語の省略形のような気がしないでもない。果たしてこれだけ一般名詞化して広まったのが、この商標の知名度なのか、あるいは、それとは別に省略形の用語が自然発生的に流通したのかどちらなのだろう?

商標は競合他社等が商品名等として使用することはできないけれど、一般の人が会話や文章で使用することが禁止されているわけではないから、ここまで一般名詞化してしまうと、商標権を持っていることのメリットもどこまであるのかわからなくなってしまうな。

この手の商標の一覧は、例えばWikipedia雑学大作戦:知泉などに載っている。ほー、タバスコ、フリスビーなど、まだまだ結構あるものだ。。(もっとも、この表にある「破魔矢」は調べてみると破魔矢寿製作所のものはみつからなかったし、「パンスト」も見つからなかったので、個別に確認が必要のようだ。)

そういえば、3/25のSankei Webに車名に「Q」 権利侵害 北米日産、アウディを訴えるという記事が掲載されている。

 北米日産は24日、高級車ブランド「インフィニティ」が車名に使用しているアルファベットの「Q」を、ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディがスポーツタイプ多目的車(SUV)に使うのは権利侵害だとして、アウディを米ミシガン州デトロイトの連邦地裁に提訴したと発表した。「Q」の使用差し止めと損害賠償を求める。

 アウディは従来、車名の一部に「A」を使用してきたが、2006-09年に市場に投入予定のSUVについては「Q7」など「Q」を使う計画を発表。これに対し、インフィニティブランドの車名に「Q45」などQを使用する日産は「Qはインフィニティの登録商標で、品質を象徴するものであり、顧客に混乱を引き起こす」として、アウディによる権利侵害を主張した。

というもの。これはアメリカの話だけれど、「Q」が登録商標ってのは本当かな? 日本の場合には、商標出願・登録情報検索で検索してみたが、「INFITITIQ45」のように車名と組み合わせたものしか登録されていないようだ。日本では車を呼ぶときに固有の車種名(カローラ、フィット、マーチ等)を使うけど、向こうの車名は「会社名+記号、数字」で表現されることが多いようだから、こういう問題が起こるのだろうけど、どう決着するのかな?

|

« 風力発電する自動車 | トップページ | 水溶性フラーレンの化粧水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/3486371

この記事へのトラックバック一覧です: 商標に関するトピックス:

» ■商標法改正 [FPスタイルガーデン ブログ館]
■商標法改正 特許庁が今国会に商標法の改正案を提出しています。 地名と商品名を組み合わせた地域ブランドを 商標登録しやすくするのが法改正の目的となっています [続きを読む]

受信: 2005/05/20 15:08

« 風力発電する自動車 | トップページ | 水溶性フラーレンの化粧水 »