« 将来の風力発電は海や空で | トップページ | 3か月予報の見直し? »

2005/12/16

242回目の献血

前回11/18以来、28日ぶりの献血。今回は、みぞのくち献血ルームを初体験。ビルの10Fで、採血室はガラス面積も大きく、とても明るくて見晴らしの良いところ。ショッピングビルなので、中の様子を見ながらエスカレータで上がっていったのだが、エスカレータは9Fまで。ビルの最上階である10Fへはエレベータか非常階段を使わないと上がれない。最初から献血する目的で来る人だけが来る特別の場所という感じで、ショッピングのついでに見つけて寄ってみるという感じではない。

問診の際に医師から、血圧の値がとても素晴らしいと褒められた。心身ともにストレスのない理想的な健康状態に違いないと言われてしまった。血圧をこんな風に褒められたのは初めてだ。。

神奈川県では今、血液不足状態が深刻のようで、献血ルーム内にも、400ml献血キャンペーン実施中という貼り紙がある状態。何と、川崎市のページでは、あの「けんけつちゃん」が耳が小さくなって泣いている。。実際に、僕の前の人は、受付で 400ml献血を依頼されていたのだが、何故か僕は血小板成分献血を依頼された。検査の際に聞いてみたら、どちらも不足しており、血小板をお願いできる人には成分献血をお願いしているとのこと。

ベッドで採血直前に、生年月日と血液型を自己申告させられた。本人確認のための手順のようだが、これも初めての経験。この献血ルーム独自のルールなのだろうか?

おみやげは、選択の余地もなく、コシヒカリ 750g と川崎市のシンボルマーク入りのクリアファイル。同じ神奈川県でも場所が変わると変わるものだ。。 このシンボルマークは川崎市のページの左上に載っているちょっと印象的なマークだが、調べてみると、あの岡本太郎さんの作品とのこと。岡本太郎さんは川崎市出身なのだそうだ。

今年の献血回数は結局 11回となった。5月に海外に行き、その後 4週間の献血禁止期間があったので、それを考えるとまあ頑張ったと言えそうだ。来年もコンスタントに献血ができるような年でありたいものだ。

|

« 将来の風力発電は海や空で | トップページ | 3か月予報の見直し? »

コメント

私はちょっと状況的に献血が
難しいのですが、私の友人もかなり頻繁に
献血してます。なかなか気持ち良いそうで
ある程度売血制もあれば良いのにと
良く言ってます。

http://sasapanda.net/archives/200509/10_0415.cgi
関連でこんな記事を見つけました
いわゆる瀉血健康法でしょうかw

投稿: xtc | 2005/12/18 23:49

売血制は、大きな悪影響が容易に想定できるので、到底ありえないでしょう。そもそも、献血制度も、以前は輸血の際に有利になったり、豪華景品がもらえたりだったのが、報酬と考えられるような景品やお礼は慎む方向へとどんどん変わってきているわけで。。

ところが、幸いにも大した見返りがなくても、繰り返し献血を続けるマニアは何故か結構多いようです。その理由の一つとして、気持ちいい(肉体的? or 精神的?)、といのがあるのも事実のような気はしますが、真相は不明です。。

投稿: tf2 | 2005/12/19 20:55

そうですか…ええと、まあ一応
冗談のような話しだったのですが。
冷静に考えればそうかもとも思います
中国とかの方では
まだ売血制が残ってるようですね

投稿: xtc | 2006/01/02 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/7651891

この記事へのトラックバック一覧です: 242回目の献血:

« 将来の風力発電は海や空で | トップページ | 3か月予報の見直し? »