« 総合的に味覚を数値化できる味覚センサー | トップページ | 2007年5月の天気予報傾向 »

2007/06/01

257回目の献血

前回4/27以来、35日ぶり。前回同様に相模大野献血ルームにて。今日は非常に空いていて、「いくら平日とはいっても、こんなんで大丈夫か?」と心配になる程。

今回も前回と同様、その場の検査結果を見て、血漿成分献血となった。血小板献血をするには、血小板数が少なめなのだろうと思うが、前回の献血後に送られてきた検査結果を見ると、必ずしも前回の血小板数が少なかったようには見えない。そもそも、分析結果には多少の振れ(誤差)はあるわけで、その場の一点データだけで血小板を取るか取らないかを判断するってのもどうかと思わないでもない。少なくともリピーターの場合には、今までに蓄積された検査結果を元に判断する方がいいのではなかろうか? いや、別に特に血小板成分献血がしたいというわけではなくて、せっかくの献血なので最も有効に血を使ってもらえばそれで良いのではあるけれど。。

おみやげは、お米、歯みがきセット、折り畳み傘の三択。今回は折り畳み傘を選択した。今年の献血Tシャツはまだですかあ?

|

« 総合的に味覚を数値化できる味覚センサー | トップページ | 2007年5月の天気予報傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/15279918

この記事へのトラックバック一覧です: 257回目の献血:

« 総合的に味覚を数値化できる味覚センサー | トップページ | 2007年5月の天気予報傾向 »