« 琵琶湖の溶存酸素濃度を電気分解で上昇させる | トップページ | 指紋から性別、嗜好、人種なども判別可能な新技術 »

2007/07/20

259回目の献血

前回6/29以来、21日ぶり。前回同様に相模大野献血ルームにて。

今回は、血小板成分献血。検査の数値を見ながら、「どうしても血小板が欲しいんだけど、、」とつぶやきながら、わざわざ検査結果を成分採血装置(テルモのテルシスS)に入力して、何とか血小板が取れそうなことを確認して、血小板成分献血となった。こんな手続きを踏んだのは初めてだが、採血装置に検査結果を入れると、必要な成分を取るのに必要な採血量や時間が出てくるようだ。

今回も、いつもと同じで、検査は右腕、献血は左腕。おみやげは、お米、歯みがきセット、折り畳み傘、アルミの飲料ボトルに加え、今回から新しい献血Tシャツが加わった。

実は、今月上旬にかながわ献血メールクラブから、「好評のオリジナルTシャツが献血記念品にラインナップ」というお知らせが来ていたのだが、従来のものが、胸にイラストが描かれていたのに対し、今年のものは前面は無地で、背中にイラストが入っている。色は、白・紺・赤・グレーの4色。生地も従来のものとはちょっと異なっており、涼しそうな感じだ。写真ではわかりにくいかもしれないが、今回もらってきたのは、グレー。

20070720tshirt

前々回のもの前回のものと比べると、波がどんどん大きくなっているのだが、この先いったいどうなるのだろう?

|

« 琵琶湖の溶存酸素濃度を電気分解で上昇させる | トップページ | 指紋から性別、嗜好、人種なども判別可能な新技術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/15824957

この記事へのトラックバック一覧です: 259回目の献血:

« 琵琶湖の溶存酸素濃度を電気分解で上昇させる | トップページ | 指紋から性別、嗜好、人種なども判別可能な新技術 »