« 348回目の献血 | トップページ | 350回目の献血 »

2015/03/13

349回目の献血

前回2/4以来37日ぶり。今日は、昨年末に新宿駅東口前に新たにオープンした新宿東口駅前献血ルームにて。

ここのところ、比較的最近オープンした新しい献血ルームで献血を行っている。最近は献血ルームも個性的で、それぞれ、設備、雰囲気、システムなどが異なっていて、毎月のように献血する身としては、新鮮な気持ちで献血できるという楽しみがある。

今回の新宿東口駅前献血ルームは、その名前の通り、新宿駅東口を出て、すぐ近くのビルの最上階(10階)に位置している。平日の昼間ということで、さすがの新宿駅前とはいっても空いていた。まだ新しいし、ビルの外側の献血ルームの看板も目立たないため、存在を知られていないということかもしれない。

受付のシステムは、東京ソラマチの献血ルームfeelと似ていて、ロッカーはなく、スタッフがクロークのように荷物やコートを預かってくれる。待合室は広く、ゆったりとしているし、窓から新宿駅や新宿の街並みが見下ろせる。

採血ルーム内も明るくゆったりとしていて開放的。献血前の採血検査も同じスペース内で行われるのがちょっと珍しいかな。各ベッドには献血ルームfeelと同様に、TVではなくiPadが備えられている。

ナースさんの制服は、献血ルームfeelは紺色のポロシャツ風で、TVでよく見る緊急スタッフみたいだった点が目新しかったが、ここの制服は他のルームと一緒でピンクの白衣だった。また、献血後に待合室で休憩しながら飲み物やお菓子をいただく際に、献血ルームfeelではスタッフが席まで持ってきてくれたが、ここは他のルーム同様に自販機とセルフサービス。ということで、総合的には献血ルームfeelがいろいろな面で特異なのであって、ここは新しいルームとはいえ、従来の他のルームと同様の基本形態ということになるだろうか。

献血は左手から血小板成分献血。特に問題なく順調に終了。おみやげは、カロリーメイト。さらに東京都での献血ポイントが20ポイントを超えたので、今回はペンなどの小物を入れるためのマルチケースというもの(参考)をいただいてきた。

|

« 348回目の献血 | トップページ | 350回目の献血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/61275568

この記事へのトラックバック一覧です: 349回目の献血:

« 348回目の献血 | トップページ | 350回目の献血 »