« 354回目の献血 | トップページ | 356回目の献血 »

2015/08/06

355回目の献血は電話での緊急血小板成分献血要請

前回7/17以来20日ぶり。昨日の夕方、神奈川県の赤十字血液センターから電話があり、緊急にA型の血小板が大量に必要となったので、是非とも協力願いたい、という趣旨の依頼があった。献血に出掛けるのが気が引けるような連日の猛暑ではあるものの、そんなことを言っている場合でもないだろうし、可能な限り要望にお応えしたいということで快諾し、今日の午後かわさき献血ルームに行ってきた。

献血ルームでは、受付に既に連絡が行っていて、お待ちしてました、ということでサクサクと手続きが進んだ。まあガラガラに空いている状態だったので、普通に献血に行ったのとあまりかわりはないだろうけど。

そういえば、受付に、初めて献血しようとしている方が来られていたが、献血の注意事項を次々と、かなり長時間にわたってあれこれと文書ベースで説明しており、隣で聞いていてもうんざりする状況だった。せっかく善意で献血でもしてみようと思って来てくれた人に、リスクの説明ばっかりたくさんすると、何だか献血して欲しくないというか、やんわりと断っているように見えなくもない。説明する人による印象の違いもあるだろうし、赤十字で初めての方向けの広報ビデオのようなものを用意して、来訪者に見て貰ったらいいのではないだろうか。(この前、病院で大腸内視鏡の検査を受ける際には、まさにそういうビデオを見たけど、わかりやすかったし、悪い印象もなかったな)

いつものように右手で検査、左手から本番の献血。4サイクルなので、多少時間はかかったけど、特別に多量に献血するわけではないようだ。まあ、ドナーの健康を考慮したら当然か。

スタッフやナースさんは、いずれも「今日はわざわざありがとうございます」と言いながら対応してくれたけど、呼び出しに応じたことについての特別の記念品はなく、通常の献血記念品として薬用歯みがき「フジサワデンタル」と、献血ポイントがたまったのに対応してフリーズドライのスープセットをいただいた。

今回は、自分の血液が特定の誰かの治療に使われるんだなと思うと、少しいつもとは違う感じがするような。

|

« 354回目の献血 | トップページ | 356回目の献血 »

コメント

神奈川県赤十字血液センターからお礼状が届きました。また、お礼の品として GATSBYのフェイスペーパー(1枚入り×3個)が入っていました。

投稿: tf2 | 2015/08/22 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/62031393

この記事へのトラックバック一覧です: 355回目の献血は電話での緊急血小板成分献血要請:

« 354回目の献血 | トップページ | 356回目の献血 »