« 360回目の献血は手紙でのHLA適合血小板成分献血要請 | トップページ | 362回目の献血 »

2016/02/02

361回目の献血

前回12/18以来46日ぶり。この年末年始に海外旅行に行ったため、4週間の献血禁止期間を挟み、ようやく献血解禁となった次第。

前回、東京都の赤十字血液センターから11月に送られてきた手紙での要請で、HLA適合血小板成分献血を行ったのだが、その後、昨年の12月、今年の1月と連続して同様の手紙が送られてきていた。残念ながら1月は海外旅行後のため献血できなかったが、2月になって献血可能となったので、今回もHLA適合血小板成分献血を申込んだ。ところが、こちらからの電話予約に対して、血液センターの電話担当者が調べたところ、私の血小板を必要としている患者さんは、今のところ症状も安定しており、当面は私の血小板を必要としていない状況にあるとのこと。

ということで、今回は通常の成分献血予約ということで、渋谷のハチ公前献血ルームに行ってきた。この献血ルームができてすぐの頃に訪問して以来、久々だったが、場所柄を考えると、静かで落ち着いた雰囲気で、平日の昼間の割には比較的多くの若い人たちがポツポツと献血に訪れており、ガラガラではないが混雑するほどでもないといった状況。 とはいえ、全体の印象は、どことなくだけど、やや雑然としていて落ち着きがない感じであった。

いつものように右手で検査、左手で血漿成分献血。特にトラブルもなく、サクサクと献血を終了。ここの献血ルームでは献血終了後にアイスクリームのサービスがあった。同じ都内でも献血ルームごとに独自のサービスを提供しているようだ。

たまたまキャンペーンをやっていたようで、おみやげにフリースブランケットをいただいた。また、携帯メールクラブのポイントがたまったので、それと引き換えに、「薬用ルルのど飴」をもらった。

|

« 360回目の献血は手紙でのHLA適合血小板成分献血要請 | トップページ | 362回目の献血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12612/63156344

この記事へのトラックバック一覧です: 361回目の献血:

« 360回目の献血は手紙でのHLA適合血小板成分献血要請 | トップページ | 362回目の献血 »